破魔弓 HAMAYUMI

古くは江戸時代から、男の子の初正月の
お祝いとして贈られている破魔弓飾り。
魔を退ける力があるとされる弓矢は、
邪気や厄災からお子様を守り、すこやかに
成長できるようにとの願いが込められています。

破魔弓の意味
破魔弓は読んで字のごとく、魔よけ、厄払いのお守りです。男の子の元気な成長を願いお正月の縁起の祝い物となっています。また神社の破魔弓や、棟上げの際屋根に立てる破魔弓も弓矢の持つ魔除けの力を信じることから生まれた習慣です。
羽子板も破魔弓も、ともに古来からの行事であった新春の年占いや厄払いがその始まりです。男の子が弓矢で的を射て年占いをしたのがのちに破魔弓となり、女の子がお正月に羽をついて、その年の厄払いをしたのがのちに美しい羽子板を生み出したのです。
  • 破魔弓
  • 破魔弓
  • 破魔弓
  • 破魔弓
  • 破魔弓
  • 破魔弓
  • 破魔弓
  • 破魔弓
  • 破魔弓
破魔弓のきまりごと
〈飾り方〉

旧年の風に当てることから、12月の大安などの良い日に飾ります。様々な形状をしたケースが用意されています。
お好みに合わせてお選びください。
飾り場所は、かつての主流は床の間でしたが、現在の住宅事情では、床の間がない場合も多いと思われます。
その場合は、魔除けの意味からお子様の寝室や皆様に見て頂ける場所がよいでしょう。

〈しまい方〉

小正月(1月15日)過ぎにしまうのが一般的ですが、縁起物ですので、一年中飾っていても構いません。
収納する場合は、晴れた乾燥した日を選びましょう。しまう際は、防虫剤は少なめにして乾燥した場所を選びましょう。